BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 業界ニュース
  4. 資金調達における重要知識!エクイティファイナンスとは

資金調達における重要知識!エクイティファイナンスとは

エクイティファイナンスとは、企業が新株を発行して、事業のために資金を調達することを意味します。「エクイティ」(株式資本、自己資本)を増加させる資金調達方法のためこのような呼び名になっています。エクイティファイナンスで資金を調達することで、貸借対照表の資本が増加します。

エクイティファイナンスで増資をする方法

公募(時価発行増資)

時価で新株を発行し、資金調達をする方法を公募と呼びます。そのため、公募は時価発行増資とも呼ばれます。額面ではなく時価で新株を発行するということは、自社の株価が高ければ高いほど、少ない発行株で多額の資金を調達できますので、大きなメリットとなります。

株主割当増資

株主割当増資は、新株を発行する際に、その割り当てを受ける権利を、既存株主に保有株数に応じて与える増資方法です。株主は、割り当てられた新株の申し込みや払込みをする義務は特になく、割り当てられた新株の数すべてを申し込む必要もございません。既存の株主から申し込みがなければ、その権利は失効するだけです。なお、株主割当による新株の払込み金額は、通常は時価より低い金額で発行されます。

第三者割当増資

第三者割当増資は、株主であるかどうかを問わず、特定の第三者に新株を引き受ける権利を与えて増資する方法です。この増資方法は、取引先や業務提携先などとの関係を安定させたいときや、自社の株価が低くて通常の増資ができないときによく使われます。

転換社債型新株予約権付社債

一定の価格で発行する企業の株式に転換できる権利がついた社債(転換社債)を発行する方法です。英語では「Convertible Bond(CB)」と呼ばれています。転換社債型新株予約権付社債は、株式に転換できるというメリットがありますので、普通社債と比べると利回りは低くなります。
なお、株式への転換は、あらかじめ価格(転換価格)が決められていますので、株価がその価格以上に値上がりしたときには、大きな利益を得られる可能性があります。また、株式に転換しなければ、普通社債と同じように毎年一定の利払いがあり、満期には額面金額が償還されます。

エクイティファイナンスで資金調達するメリット・デメリット

エクイティファイナンスのメリット

会社の財務状況が改善される

エクイティファイナンスは、原則的に返済期限がない資金調達方法となります。そのため、金融機関から借入れをするときのように利息の支払いをする必要がなく、必要な資金が無駄なく確保できます。それだけでなく、株主を増加させることにより資本が増えることから、財務体質を強化する効果もあります。決算書が改善されることで銀行融資も付きやすくなるケースもあります。

心強い経営陣が増える

株主として新たに経営に参画してくれる方は自社の価値を引き上げたいという同じ利害関係にあります。そのため多くの人脈を紹介してくれたり、経営に必要なアドバイスを適宜してくれたりします。近年はIT系の若手経営者が率いるスタートアップ企業が多いため、彼らの弱点である経験不足や人脈不足を新規に参入した株主がうまく補ってくれるケースがあります。実際に僕の周りでは企業の売却(バイアウト)先をエクイティで出資してくれた株主が見つけてくださったそうです。しかも起業家が目も眩むような大金を突きつけられ即決しそうになった時に売却先をうまく複数提示し、交渉により数億円もバリュエーションを引き上げてくれたそうです。

エクイティファイナンスのデメリット

発行株式が増えた分、一株の価値が薄まる

株主にとっては新株として発行株式が増えた分、一株の価値が薄まります。そのため、株主割当以外のエクイティファイナンスの場合、既存株主に対して合理的な説明を行って理解を得る必要があります。また新株の多くを第三者が握った場合には経営に口出しをされ、会社の支配権や配当方針に影響が出る可能性もあります。

株主として経営に加わる方が事業の足を引っ張る可能性がある

エクイティとして出資した場合、往々にして投資家は株主としてその企業の経営に口出しするようになります。また最低でも事業の進捗報告義務が発生し、大きな決断の際の意思決定に影響を持たれます。この時「お金を出してくれるならいいや!」と安易に縋ってはいけません。まずは投資家がそれだけの資金を持ったバックグラウンドに注目しましょう。これから新進気鋭のIT企業を成長させていこうというのに、仮に不動産やFXなど会社経営とは全く異分野で財を成した方が経営に加わったとしたらどうでしょうか?経営に対しては素人で、的外れな意見ばかり、かえって事業の進捗に支障を来たす恐れがあります。

資本政策は不可逆である

エクイティの出資を受けた場合、経営がうまく立ち行かなくなった場合、出資した分の株式を買い取るよう求められることがあります。一方で事業が成功した場合、あるいはそのような兆しが出た場合はいくら高値を積んだとしても株式を買い戻すことは原則できません。または経営陣が仲違いした中で会社の意思決定をしなければならない場合、持株が少なくて退っ引きならない状態になることもしばしばあります。そのためデッドファイナンス以上にエクイティファイナンスの出資を受ける際は慎重にならなければならないのです。エクイティはデッドより高くつくと言われるのはこうした理由があるからです。

エクイティファイナンスで資金調達を成功させるために

エクイティファイナンスは株式発行する会社側にとってはメリットが多くても、既存株主には株式価値希薄という負担がかかる資金調達法となります。そのため、エクイティファイナンスを乱発することなく、会社の成長や収益の改善につながるときにだけ実行するようにしましょう。しかし、エクイティファイナンスを実現するまでには、株主への説明や会社法で定められている手続きなどが必要となります。資金調達までは、ある程度の期間を要することを頭に入れておきましょう。またエクイティにより経営に加わる方は会社のパートナーとなる方です。条件以上に人として今後付き合っていけそうかを軸に慎重に判断しましょう。

参照:ビジドラ エクイティファイナンスとは?資金調達のためのメリット・デメリットを解説

【四国最大級のコワーキングスペースエニシア香川店】

関連記事