BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. コワーキングスペースの使い方
  4. サラリーマンがコワーキングスペースを使うメリット

サラリーマンがコワーキングスペースを使うメリット

コワーキングスペースという言葉を聞いたことはありませんか?
ここ10年の間に雑誌やテレビで取り上げられる事も多く「利用したことはないけど名前は知っている」という人もいるかと思います。

皆さんはコワーキングスペースにどんなイメージをお持ちですか?
「フリーランスの人がパソコンを使い仕事をしている」「クリエイティブな仕事をしている人が集まっている」こういったイメージを持っていませんか?

もちろんこれらのイメージは間違っておらず、実際にフリーランスの方も多く利用しています。逆にサラリーマンの方は利用するイメージはないかと思います。

しかしコワーキングスペースはサラリーマンが利用しても大きなメリットがあります。今回はサラリーマンがコワーキングスペースを使うメリットをお伝えします。

サラリーマンがコワーキングスペースを使う背景

サラリーマンは通常会社に出勤して定時まで仕事をして帰宅をする。この流れが一般的でコワーキングスペースを
使用するイメージはありません。

ところが近年、サラリーマンの働き方は大きく変化しています。
代表的な例を挙げると新型コロナウイルスの影響による「在宅勤務」や禁止されていることが多かった「副業」
の許可があげられます。

つまり会社に行かなくても仕事を行う環境が整いつつあり、自分の本業とは別に仕事(副業)を持つことが出来るようになっています。

そういった社会の変化によりサラリーマンもコワーキングスペースを利用する機会が増えているため、まだ利用していない人はぜひこの記事を見てメリットを理解して、コワーキングスペースを有効活用していきましょう。

サラリーマンがコワーキングスペースを使うメリット

サラリーマンがコワーキングスペースを使うメリットは以下の3つがあげられます。

1.同僚に見られる可能性が低い
2.新しいビジネスチャンスをつかめる
3.周りから刺激を受け本業に活かせる

一つずつ解説していきます。

1.同僚に見られる可能性が低い

副業がOKの会社でも周りの人にばれたくないと、考えている人は多いかと思います。
家で仕事をすれば確実にバレることはありませんが、家庭の環境で家で副業ができない人もいます。

そういった時に訪れる代表的な場所が「カフェ」ですが、一般の利用客も多く同僚に見られてしまう可能性も
0ではありません。

その点、コワーキングスペースであれば仕事をしに来る人以外は訪れないため、副業がバレにくい傾向があります。
もちろん同じコワーキングスペースを使っている人がいれば、わかってしまいますが、カフェよりも出会う確率が低いのがメリット

同僚と会いたくない人はコワーキングスペースを利用していきましょう。

2.新しいビジネスチャンスをつかめる

コワーキングスペースは多種多様な業種の人が利用しています。
そのため通常では出会えない人がたくさんいるため、新しい出会いが生まれます。

コワーキングスペースは仕事場としての提供はもちろん、他者との交流を考えて運営されています。
そのため、興味がある人に対して話がしやすい環境が整っているのが特徴。

その場で話して意気投合すれば、そのまま会議室をレンタルして打ち合わせをするということも可能。
サラリーマンの場合、通常であれば関われる業種に限りがあります。人によっては同業他社の人とは関わらないサラリーマン生活を送る場合もあります。

コワーキングスペースに行けば、多種多様な業種の人がいるので、今までと違った視点でビジネスを見ることが可能。新しいビジネスチャンスを掴めるのは、コワーキングスペースの特徴といえるでしょう。

3.周りから刺激を受け本業に活かせる

上述した通り、コワーキングスペースは多種多様な人がいます。そのため違った視点で物事を考えることが出来るため自分の本業に活かせます。

実際にコワーキングスペースに行き、同業他社とは違った視点の人の話を聞くことで打開策を見出すビジネスパーソンもいます。

多種多様な考えの人と多く関わることで、今までの自分とは違った見識を学ぶことが出来るため、たくさんの刺激を受けることが出来ます。

周りから刺激を受け自分自身の成長につなげることで、本業にも活かせる知識をコワーキングスペースで学ぶことが出来るのは大きなメリットといえるでしょう。

サラリーマンはコワーキングスペースを使うべき

「コワーキングスペースはフリーランスの人が使うだけで、サラリーマンには関係ない…」このように考えていた人も多かったと思います。

しかしお伝えした通り、サラリーマンがコワーキングスペースに行くことで、本業にも活かせる知識を身に着けることが出来るので、利用しない理由がありません。

副業や自分自身の成長のためにもコワーキングスペースを有効活用していきましょう。

関連記事