BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 業界ニュース
  4. 副業解禁は危険信号!?これからの私たちに求められること

副業解禁は危険信号!?これからの私たちに求められること

こんにちは!
エニシア高松インテリジェントパーク店の児玉尚武です。本日は副業解禁とこれからの私たちに求められるものについてお伝えしたいと思います。

副業解禁された理由

突然ですが副業解禁というニュースを皆さんはポジティブなことだと思いますか?それともネガティブなことだと思いますか?

多くの方は副業「解禁」というポジティブなワードを使用されているためポジティブなことだと受け取るかもしれません。ボジョレー解禁のように^^;しかしこれは安易に喜んで良いことではないと考えています。それには副業が解禁された背景に理由があります。

もともと日本は年功序列、終身雇用というのが一般的でした。会社に入りしっかりと勤め上げれば生涯安泰で心配は要らないとされてきたのです。会社という大きな船に乗れば年齢と共に役職と給料が上がっていき、船内で喧嘩さえしなければ定年という岸までしっかりと送り届けてくれる。昭和の日本ではそれが当たり前でした。しかしこの風潮は平成になって陰りが見え始め、令和の現在では完全に通用しなくなっています。建前では本業にもプラスの効果が期待できるなどと並べていますが、副業が解禁されたのは企業からの給与や退職金だけでは十分な生活を保証することがもうできなくなったから、足りない部分はご自身で何とかしてくださいという言わば企業の責任転嫁なのです。従業員が副業に熱中することで良い顔をする経営者など基本的に考えられませんから。日本を代表するトヨタ自動車でさえ終身雇用は現実的ではないと述べているからこそ、我々はもはや国にも企業にも頼れない時代に突入したと言えるでしょう。

老後2000万円問題について

総務省の発表によると夫婦二人が毎月の老後を暮らすには毎月約24万円必要とされています。これだけの生活を維持するためには若くて働けるうちにたくさん貯金をするか、老後も安定的な収入を確保するかですよね。「生涯現役!」というフレーズも流行ってはいますが、あれはシンプルに言い換えれば「死ぬまで働け!」ということ。老後の身体に鞭打つようなことは誰だってしたくないはずです。でしたら今からやれることに着手していくことが必要ですよね。

そんな今だからこそ流行っているのが副業とダブルワークです。副業もダブルワーク(兼業)も、「本業以外の収入を得る仕事」という位置づけですが、感覚として副業は本業の空き時間を使って行うイメージである一方、ダブルワーク(兼業)については、複数の業務を曜日や時間で区切り両方の仕事を同じくらいのバランスで行なっているイメージを持つ場合が多いです。

今後私たちに求められる変化

今後私たちに求められるのは起業や副業を通じて属人的なスキルを身につけるか、早期に資産形成に着手していくことだと僕は考えています。とはいえ何から手をつけたら良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。そんな時は一体どうしたら良いのでしょう?

僕の答えとしては「とりあえずやってみる」です。実は本ブログのテーマ画像に書いてある様々な副業のうちほとんどを僕は手がけたことがあります。その中で自分に適性があると感じた、続けても苦にならなかったプログラミングとライティングを今の仕事にしているという流れです。加えてイラストに書いてあるもののほとんどは資本を必要としません。株やFXでさえ今では数百円という少額から始められる時代になりました。人はどうしても得意なことかやったことのあることを着手し、苦手なこと、まだやったことのないことを避けようとしがちです。しかしITを中心に変化している今だからこそ、イラストに書いてあるようなスキルや経験があると人生の幅が大きく広がります。また芸術やスポーツに加えライティングやプログラミングを学んだことで僕は自分を表現する、伝える選択肢が増えたと感じております。起業や副業を通じて自分はこんな人間だ!こういう想いを伝えたいんだ!ということを表現することは人生をさらに充実したものへと変化させてくれます。今ではこうしてブログを通じて皆様へメッセージを届けられるようになったり、世の中に必要だと思うサービスをプログラミングを通じて生み出すことができとても幸せに思います。ぜひ子供の頃のように新しいことにワクワクしながらチャレンジしてみてください!

【四国最大級のコワーキングスペースエニシア高松インテリジェントパーク店】

関連記事