BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. フリーランスお役立ち情報
  4. フリーランス向けのお役立ち情報!NISAについて

フリーランス向けのお役立ち情報!NISAについて

こんにちは!コワーキングスペースを利用される方の中には自営業、フリーランスの方が多いかと思います。また今はサラリーマンでも将来的に独立、起業を考えている方もいらっしゃるかもしれません。本日はフリーランス向けのお役立ち情報としてNISAについてお伝えしたいと思います。

よく耳にするNISAとは?

NISAとは一言でまとめるなら節税しながら資産形成できる制度です。通常株式や投資信託などに投資した場合、利益には約20%(正確には20.315%)の税金がかかりますが、NISAでは投資で得た利益が全て手元に残ります。

NISAの特徴

・上場株式、投資信託、ETF、REIT、ETNなど自由に投資することが可能
・年間120万円の投資が非課税で可能
・5年間の非課税期間がある

NISAのチェックポイント

NISA口座はお一人様1口座のみ

NISA口座は、金融機関を通じて、同一年においてお一人さま1口座のみの開設となります。A証券、B証券、C証券と分けて口座を持つことはできません。

NISA口座でお取引きした場合、翌年まで金融機関の変更はできない

金融機関の変更を行い、複数の金融機関にNISAを開設した場合でも、各年において一つのNISA口座でしか買付できません。

現在運用中の投資信託はNISA口座に移管できない

すでに特定口座等で運用中の投資信託をNISA口座に移管することはできません。

非課税枠の再利用や繰り越しはできない

NISA口座は1年間で120万円まで投資の購入が可能です。同年中に売却することで生じる空き枠を再利用することはできません。また余った未利用の枠を翌年に繰り越すこともできません。

NISA口座は損益通算はできない

NISA口座で損失が出た場合、特定口座や一般口座で保有するほかの上場株式等の配当金や売買益との損益通算はできません。

最長5年の投資期間終了後について

NISA口座の非課税期間は最長5年間。5年経過後は「全売却」「通常の口座(課税口座)に移行」「新たな非課税枠へ移行(ロールオーバー)」のいずれかが選べます。

参照:https://goworkship.com/magazine/coworking-space-merit/

NISAを利用するための条件

1人1口座

NISAを利用するためには、証券会社、銀行、一部の生命保険会社や運用会社などの金融機関で非課税口座(NISA口座)を開く必要があります。口座は日本に住んでいる20歳以上の人であれば開設できますが、1人1口座のみの利用となります。開設後は金融機関を乗り換えることもできますが、年に1回しか変更できません。

1年で投資できる額は上限がある

一般NISAの場合、投資できる額は年間で合計120万円と上限があり、この最大投資上限額のことを「非課税投資枠」や「非課税枠」といいます。投資対象商品の中には、1万円前後から数万円で買うことができるものもあるので、初心者の人は少額の商品から始めたほうが良いでしょう。

対象は新規に購入した商品のみ

NISAで非課税となるのは、NISA口座を通じて新たに購入した金融商品です。すでに投資をしている人の場合、別の一般口座や特定口座で保有している投資信託などの金融商品をNISA口座に移すことはできません。

非課税期間には期限がある

NISAは非課税が適用される期間に期限があります。一般NISAの場合は最長5年間なので、2020年に購入した金融商品の利益は2024年まで非課税で受け取ることができます。また5年間、限度額まで商品を購入すれば最大600万円分の金融商品をもつことができます。非課税期間が終わるとき、なにもしなければ自動的に課税口座に移されます。しかし、手続きをすれば満期の金融商品を翌年以降の非課税枠に移す(ロールオーバー)ことができ、非課税期間を延長することができます。

非課税枠の再利用、繰越ができない

一般的な投資では、都度判断しながら何度も売り買いできます。しかしNISAは売却が1度限りで、1回売却してしまうと、その年は売却分の非課税枠を使えなくなってしまいます。そのためNISAは短期売買には向いていないといえます。また、その売却した金融商品をもう1度非課税で購入することはできませんので注意しましょう。さらにNISAでは、その年に使わなかった投資枠を翌年以降に持ち越すことはできません。1年間で50万円分しか投資しなかった場合でも、翌年また120万円分にリセットされます。税制優遇があるからこそ、このような一般的な投資とは異なるルールによって利用枠が制限されているのです。

参照:https://www.smbc-card.com/like_u/money/nisa.jsp

いかがでしたでしょうか?各ポイントに注意しながら堅実な資産形成をしていきたいですね。

関連記事