BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. フリーランスお役立ち情報
  4. 最近流行りのVチューバーとは?

最近流行りのVチューバーとは?

こんにちは!児玉尚武です。
本日は最近流行りのVtuber(Vチューバー)についてお伝えしたいと思います。

令和の現在ではもう既にYouTuber(ユーチューバー)という言葉が世間に定着して久しく、小学生のなりたい職業ランキングに名を連ねるほどです。YouTubeは単にそれ自体で広告収入から収益化させるというより、企業の商品やサービスの販売促進や紹介として用いられることが多く、今では企業のYouTube公式チャンネルは公式ホームページと同じくらい無くてはならない存在にまで成長しつつあります。そんな中登場したVtuber(Vチューバー)とは一体何なのでしょうか?

Vtuber(Vチューバー)とは

Vtuber(Vチューバー)とは「バーチャルYouTuber」の略語で、2Dまたは3Dのアバターを使って動画投稿や配信活動を行っている人の総称です。生身で配信を行うYoutuberとの最大の違いは、やはりアバターを使用している点です。配信者の代わりにアバターがイメージを作ってチャンネル登録者を集めていく手法で、動画内の分身がアバターとなって配信していきます。自分とは関係ないアバターを作成してイメージを作ることができるため、好きなアバターを作成して動画チャンネルの司会者的な役割をします。Vチューバ―の始まりは、「キズナアイ」というキャラクターは誰もが知っているVチューバ―です。見るだけじゃない!スマホだけでVtuberにもなれるライブ配信アプリまとめにもある通り、スマホさえあれば今では誰でも簡単にVtuber(Vチューバー) になることができます。ではなぜこのVtuber(Vチューバー)が誕生したのでしょうか?

Vtuber(Vチューバー)のメリット

タレントよりもスキャンダルリスクが少ない

YouTuberの多くは素顔で登場するため身元を特定されたり、不適切発言が物議をかもしスキャンダルになることも珍しくありません。例えば社会人であればYouTuberとして顔と実名を公表すれば勤め先の企業に影響があるかもしれませんし、女性であればストーカー被害にあう可能性も出てきます。ファンが家に押しかけてしまったなんてこともザラですよね。一方でVtuber(Vチューバー)ならそんな心配は入りません。視聴者からみたキャラクターと演者は一定レベルで切り離されています。

企画に合わせて動くことが出来る

人はそれぞれ属するコミュニティによるアイデンティティがあります。そのため発言や表現内容の制約を受けることが多くなります。またアニメキャラクターは既に作品内でのイメージが付いているため、イメージから大きく外れた企画への参加や、ライブ配信などのリアルタイム性のある企画には参加しにくい特性があります。
その一方でVtuberにはアニメキャラクター等にはない柔軟性があり、仮想世界を飛び出したリアルでのロケ企画などへの挑戦もみられます。

マーケティング効果が大きい

YouTuberを見ての通り綺麗な女性、可愛い女性というのはそれだけで読者を惹きつけることができるので圧倒的に有利です。その一方で絵面的にあまり好まれないのが何を隠そう「オジサン」です。オジサンは自分の容姿的な魅力のなさを自ら理解しておりますし、実際世間的な需要も高くありません。そこでVtuber(Vチューバー)としてアバターを活用することで発信者と読者双方の満足度や効用を上げることができるのです。またこの世には基本的にどうしてもオジサンしか詳しくなく、またオジサンに需要がある業界があります。具体的には釣り、ゴルフ、麻雀、プログラミングなどですね。それらのYouTubeチャンネルでオジサンがオジサンへ向けて発信するよりもセクシーな女の子のキャラクターや女子高生のキャラクターが説明してくれた方が視聴者もモチベーションが上がるはずですし、実際先に述べた業界の参考書や動画の多くではアニメーションのキャラクターが用いられております。こんな可愛い女子高生に応援されたら勉強も捗りそうですよね。

Vtuber(Vチューバー)が流行ることで世の中により有益な情報が溢れる

現代では多くのYouTuber(ユーチューバー)が台頭し、彼ら、彼女らの影響により生活が変わった、商品を購入した経験がある方も多いと思います。しかし世の中の多くの方は先に述べたように様々な社会的責任を負っているため仮に有益な情報を発信したくてもできない環境にあります。そんな中でVtuber(Vチューバー)という存在は情報発信の敷居を大きく下げてくれる存在です。5Gが一般的に普及するに連れてVtuber(Vチューバー)という存在はもっと当たり前になっていきます。

Vtuber(Vチューバー)が経済を回す

最後に大切な視点があります。それはVtuber(Vチューバー)の需要がある多くが年配の男性であり、彼らは経済力があることも多いということです。そのため企業やフリーランスの方はVtuber(Vチューバー)をうまく活用することができればビジネスを成功に導ける可能性が格段に上がります。例えば年配の男性の多くはファッションに無頓着ですが、同じ中年の男性からファッションの必要性を説かれるよりもVtuber(Vチューバー)の可愛いキャラクターを通して言われた方が効果がありそうです。他にも「コワーキングスペースには素敵な出会いがある」という解説動画もオジサンがナレーターをするよりVtuber(Vチューバー)のキャラクターが言った方が、そのキャラクターがいるわけではないのに効果がありそうですよね。これからはどんな業界であってもこのVtuber(Vチューバー)の存在を無視できなくなる時代が来るかもしれません。

参考:Vチューバーとユーチューバーの違い

関連記事